2008年05月15日

謎のオーパーツ・恐竜石(カブレラ・スト―ン)とは?

ペルーのナスカ平原の近くのイカ(ICA)という町から出土した約1万2千年まえの古代遺物カブレラ・スト―ン(イカ線刻石)には、不思議な絵がたくさん描かれています。

カブレラ・スト―ン(恐竜石)画像
Cabrera stones

1961年、砂漠地帯に数十年ぶりの大雨が降り、氾濫したイカ川が大地を削り、古代の地層から発見されたのが、のちにカブレラ・スト―ンと呼ばれる模様の刻まれた石です。その数は総計で約5万個に及びました。

カブレラ・スト―ンには古代人の生活が描かれているのですが、その中には信じられないような絵の描かれているものがいくつもありました。

なんと、カブレラ・スト―ンには6500万年前に絶滅したとされている恐竜の絵が描かれていたのです。
ほかにも、心臓移植などの外科手術、大陸が分裂し移動している絵や南米では生息するはずのない動植物、天文学の知識がなければ描くことができない絵など高度な文明を持っていたことを窺わせる絵が沢山描かれていました。

イカ線刻石

とくにこの恐竜石に興味を持ったジャンヴィエル・カブレラ・ダルケア博士は、石を1万1000個も収集した博物館を作り、のちにカブレラ・スト―ンと呼ばれることになりました。

なぜ6500万年前に絶滅したはずのステゴサウルスやブロントザウルスの絵が恐竜石に描かれているのでしょうか?

平行宇宙(パラレルワールド)の存在の可能性が物理学者の間でM理論としてホットな議論となってます。
パラレルワールドとは、現在の我々がいる地球とはほんのわずかに違う世界が無数に存在するという理論です。
その世界では、第二次大戦で勝利したのは日独伊の三国同盟かもしれない。ワシントンにドイツの開発した原爆が落とされたかもしれない。
もっと小さな差では、たとえばあなたの家族構成は今と異なるかもしれない。いるはずのない兄弟がいたり、いたはずの兄弟がいなかったり、死んだはずの親が生きていたり、生きているはずの親が死んでいたり、無数の可能性があるのが並行宇宙です。
これを読んでいるあなたが大金持ちになっている平行宇宙も、ネットカフェ難民になっている平行宇宙もあるかもしれない。

もしかしたら、21世紀にも恐竜が生き残っている平行宇宙があるかもしれない。
そして、ペルーの古代人は平行宇宙を行き来するテクノロジーを開発していたのかもしれない。
彼らが見た平行宇宙では恐竜がまだ生きていたのかもしれない。

信じるか信じないかは、あなた次第です。
posted by 龍之介 at 03:57 | Comment(3) | TrackBack(0) | オーパーツ


この記事へのコメント
カブレラストーンは結構前にBBCの取材で作り方や制作した人物が発覚したので、捏造であることが明らかになっていますよ。
Posted by HIRO at 2008年05月21日 21:03
>HIROさん
イギリスBBCの捏造説は色々な意味で正確ではありません。
いい加減な情報を鵜呑みにしてはいけませんね。
Posted by 龍之介 at 2008年05月23日 15:12
ブロントサウルスは実在しませんよ。笑
Posted by t_rex259 at 2011年01月07日 13:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96756280
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。